うつ病ドグマチール警告壮絶な戦抗鬱薬殺してと叫んだ胃腸薬と言われ

うつ病ドグマチール警告壮絶な戦抗鬱薬ベンゾジビアン系殺してと叫んだ彼女胃腸薬と騙され

警告毒魔薬精神科の出す薬に注意

抗うつ薬ベンゾジビアン系の恐怖

ドグマチールを飲んだ彼女

殺して欲しいと彼女は叫んだわ

彼女は精神科医に胃腸薬と騙されたんだの

彼女は私の命の恩人、そして大切な親友

ドグマチール離脱症状について紹介していきます

助けたわ2014年7月14日18時

会社を早引けしてかけつけ

デパス05mX2錠セロクエル25mX2錠マイスリー10mX1錠

飲ませて、今は睡眠中だわ。

はげましてくださった方ありがとうございます。

友人からの緊急メール2014年7月14日15時

体がキツくて仕方ない二度と治らない戻らないどうにもならない助からない助けて駄目だ体が痛い

怖くて怖くてたまらないこのままつぶれていく迷惑かける体が痛い助けて駄目だ助からない

勇気がない。体が痛いキツくてキツくてたまらない駄目だ助けて。どうしようもないキツくてたまらない

助けてどうしよう。体痛いキツくてどうにもならないどうしようもないどうしたらいいかわからない治らない怖くて怖くて仕方ない

二度と治らない体がキツくて痛くてこんな残酷な体のきつさを治らない助けて助からない辛くてたまらない

どうしたらいいかわからない治らない助けてどうしよう駄目だ痛くてたまらない残酷のまなければ

勇気がないのまなければと恨む助けてと言っても助からない二度と治らないキツくて痛くてたまらない

何をどうしても辛い治らないキツくてたまらない治らない冷や汗ガチガチ助けて!もう駄目だ二度と戻らない

何もかもなくしたもう駄目だ助けて助からないどうにもならない痛い助けて駄目だ

駄目だ助けて助からないこの先の人生一分もない目茶苦茶になった体は二度と戻らない助けて

助けて駄目だ助からない昨日食べ過ぎたのか胃がはってるか。助けてわかってる助からないって怖い先しかない

冷えそうでエアコンはつけてない助けて助からない目茶苦茶なんだ体が!もう助からないんだ辛いよ助からないよ

二度と治らない助けて駄目だ助からない目茶苦茶な体は二度と治らないキツくて辛くてもう駄目だ

もう駄目だよ助からないどうにもならない頑張ってくれてるのに助からないものは助からないきつさに苦しみ続ける助からない

今迄本当にありがとう駄目だもうもたないつらすぎて残酷すぎり助からない

駄目だあきらめた方がいい限界越えてるいつもと違う死ぬ勇気がないだけもう二度と治らない今迄ありがとうもう無理

何もかも手遅れなんだ。飲まなければ。睡眠薬みたいに沢山飲めば死ねたらいいのに死ねたら楽なのにもう駄目だ助けてと言っても無駄

ドグマチール警告覚醒剤地獄メグの話第1話

向精神薬副作用何度も殺してと頼んだ日

警告AWARNING警告!

-------------------------------------

メグの話

私は、胃腸薬と言われて出されたドグマチールを6月飲み続けた結果、副作用地獄をあじわいました。今でも、悔しいです。ドグマチール向精神薬と知らされていたら飲みませんでした。なぜ、お医者さんは教えてくれなかったのでしょうか。でも、副作用を国に訴えても、却下されてしまうでしょう。なぜなら、副作用が認められるのは、立てなくなった廃人になったなど、かなりひどくならないとだめだからです。私の場合、Aoiがおかしいと気づき、廃人直前で対処が始まりました。でも、まだまだ普通の生活には程遠い状態です。

ドクマチール薬害検索はここをクリック

リタリンコンサータドグマチール覚醒剤

私が今飲んでいる薬は次の通りです

朝06:00セロクエル25mX2錠デパス05mX2錠柴胡加竜骨牡蛎湯

夕19:00セロクエル25mX2錠デパス05mX2錠柴胡加竜骨牡蛎湯

寝る前23:00プルセニド1錠

24:00ジプレキサ5mX1錠セロクエル25mX2錠

デパス05mX2錠マイスリー10mX1錠

これでこの三か月、副作用は出ていません。生理もきちんと来ています。生理中も腰の痛みは小さいです。

これは、Aoiが考えてくれた処方で、主治医の了解もとっています。

ただ、Aoiのいない昼間は、やはり落ち着かなく、室内を歩き回る時間が多いです。

怖くてしかたがありません。ただ、パソコンをしたりすることもやっと出来るようになり、治りたいです。もう一年以上、外には出ていません

この処方にたどりつくまで、14か月かかりました。

詳細は今後、書いていきます。苦しんでいる方の参考になれば幸いです。

-------------------------------------------

特にメジャートランキライザーの危険性について実際服用も含む実体験を通して危険性を認知して頂ければ

太るのは仕方がないは嘘

2010/01/0806:00

医薬品副作用被害救済制度がありますが、認められたひとは人生が終わってしまうくらいひどくなった人ばかりです。ほとんど認められません。

ドクマチール

平成16年度〜平成25年度の副作用救済給付の決定に関する情報

ドグマチール副作用ドグマチール

ドグマチールの副作用画像

ドグマチール副作用ドグマチール

ドグマチールによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。

ドグマチールとはドグマチール錠とは

ドグマチールドグマチール錠とは、胃の働きを良くする作用と、うつ状態の改善作用や精神状態を安定させる作用がある薬です。

本来、ドグマチールDogmatylTabletsは、胃潰瘍の治療に開発されたのですが、その後、高用量服用によって、抗精神作用が判明し、軽い鬱病などにも使用されます。

胃粘膜の血流を良くする作用により、胃潰瘍の回復を助け、胃腸周辺の動きを活発にします。

ドグマチールの主な成分は、スルピリド(Sulpiride)です。スルピリドは、ドーパミンD2受容体に選択的な拮抗作用を有し、ドーパミンの放出を抑

え、結果として、神経伝達物質である、ノルアドレナリンの放出を促進する作用があります。この作用により、気分を前向きにする効果が発現するといわれてい

ます。

また、ドグマチールは、他の抗精神病薬にある眠気、沈静等の副作用が比較的少なく、作用も比較的おだやかなのが特徴です。

ドグマチールは、アステラス製薬AstellasPharmaIncが販売しています。但し、このドグマチールは、ヨーロッパでは使用されているものの、アメリカやカナダでは承認されていないため、使用されていません。

また、同様の薬として、他社からも、ミラドールやアビリット等の商品名により、日本国内で販売されています。

主な効能は、以下の通りです。

胃潰瘍

十二指腸潰瘍

うつ病

うつ状態

統合失調症

ドグマチール副作用ドグマチール

さらに詳細な想定症状につきましてはこちらをご参照下さい。

副作用として、多く報告されているのは、ホルモン異常生理不順、乳汁分泌と錐体外路症状ふるえ、こわばりです。

ホルモン異常の副作用は、ドグマチール服用によって、プロラクチンという女性ホルモンが増えることが原因で発現します。

ホルモン異常は、男性の場合、性欲減退、射精困難射精不能、インポテンツ、乳頭痛、乳汁分泌が発現する場合があります。

また、女性の場合、ホルモン異常生理不順、乳汁分泌等が現れる場合があります。

それほど心配する必要はありませんが、症状がひどい場合には、担当の医師に相談して下さい。

錐体外路症状は、比較的高齢の人に多く見られ、表情が乏しくなるため、痴呆、うつ等と間違えられる場合があります。

長期連用により、口周辺の異常運動、舌のふるえ等が継続する遅発性ジスキネジアが発現する場合があります。これは、なかなか治らないこともあります。女性や高齢者の方は、注意が必要です。少しでもこれらの症状が見られた場合には、担当の医師に相談して下さい。

稀に、悪性症候群の副作用を発現する場合があります。もし、身体が硬直し動かない、高熱が出る等の症状が発現した場合には、速やかに医師に相談して下さい。

副作用として、基本的には眠気を引き起こしますが、夕方以降に服用した場合、不眠を誘発する場合があります。

重大な副作用には、以下のものが報告されております。

悪性症候群Syndromemalin急激な体温上昇、

筋肉のこわばり、体の硬直、飲み込みにくい、

発汗、ふるえ、意識不明瞭

遅発性ジスキネジア頻回なまばたき、

口周辺の痙攣、口をすぼめる

口をモグモグさせる舌の震え、痙攣

重い不整脈動悸、頻脈120/分以上、

徐脈50/分以下、胸の痛みや違和感、胸苦しい、

だるい、めまい、立ちくらみ、気が遠くなる、失神

無顆粒球症、白血球減少発熱、喉の痛み、

口内炎、咳、だるい

肝臓の重い症状だるい、食欲不振、吐き気、

発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、

尿が褐色

肺塞栓症深部静脈血栓症突然の息切れ、

胸の痛み、手足の痛みはれむくみしびれ、

急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む

これ以外の副作用には、下記のものがあります。

生理不順、乳汁分泌、女性化乳房男性

錐体外路症状指や手足のふるえ、

体のこわばりつっぱり、ひきつけ、

よだれが多い、

目の異常運動正面を向かない、上転、

舌のもつれ、じっとできない、そわそわ感、

無表情、うまく歩けない

不眠、眠気、めまい、口の渇き、吐き気、便秘

胸焼け、嘔吐、便秘、熱感、倦怠感、ふらつき

さらに詳細な想定症状につきましてはこちらをご参照下さい。

注意事項

以下の方につきましては、禁忌です。

プロラクチン分泌性の下垂体腫瘍の方

褐色細胞腫の疑いのある方

以下の方につきましては、服用に際して注意が必要です。

心臓病、低血圧、パーキンソン病、腎臓病のある方

高齢の方、体の弱っている方

認知症に伴う精神症状の方

寝たきり、手術後等で長時間体を動かせない方

脱水状態の方、肥満のある方

これらの方は、副作用が出易かったりする場合があります。又、血栓塞栓症の発現等にも注意が必要です。

母乳内に検出される可能性もあるので、服用中は授乳を避けてください。

服用により、胃の調子が絶好調になりますので、ついつい食べ過ぎる可能性がありますので、太らない様注意が必要です。

統合失調症の方、うつ病の方は、血圧低下、パーキンソン症候群アカシジア躁状態、頭痛、めまい、嘔吐、吐き気、しびれ、脱力感、むくみ等が発生する可能性があります。

また、他の薬との相互作用を起こす可能性がありますので、持病やアレルギーのある方、また、別に薬を飲んでいる方は、医師に報告してください。

以下の薬との併用は、注意が必要です。

他の安定剤など脳の神経を鎮める薬作用増強

パーキンソン病の薬作用減弱、レボドパ製剤等

不整脈を起こしやすい薬

吐き気止め薬ドンペリドン、メトクロプラミド

アルコールと一緒に飲むと、眠気、ふらつき、立ち眩み等の副作用が出易くなりますので、飲酒は控えてください。

服用により、眠気、注意力反射運動能力の低下が発生することがあります。車の運転等、危険な作業は避けてください。

ドグマチール離脱症状

ドグマチールの服用を急に中止すると、離脱症状を起こす場合があります。

離脱症状としては、食欲不振、吐き気、イライラ感などが多く報告されています。但し、個人差もありますので、自己判断で中止したりせず、医師と相談の上、段階的に減らしましょう。

お薬手帳のページで正しい情報が手に入ります

KEGGお薬手帳で検索してください。

とても参考になる意見ですので掲載させていただきました。

下記の意見はとても参考になります。だから、けいさいさせていただいたわ。

アシュトンマニュアルの欺瞞

(以下抜粋

現在、世界100所以上で普及しているナルコノンシステムというものがあります。

これはCCHR市民の人権擁護の会と呼ばれている反精神医学団体にかかわる、違法ドラッグヘロインコカイン大麻覚醒剤などの薬物から離

脱することをサポートする組織です。また一部の国では向精神薬の離脱にも用いられています。このシステムによって離脱した人の率は実に80近いという

もので、それは驚異的な数字です。私はこれまでにもこうした優秀な数字を見たことはなく、これは精神医学においては到底考えられない数字なのです。

ほぼすべての精神医学の施設で行なわれる処方は、違法ドラッグを向精神薬に置き換えるだけであり、しかも向精神薬依存についてはまったく有効な方法を

持ってはいません。精神医学における離脱率は、研究を見るかぎりでは10〜20がせいぜいといったところなのです。

ナルコノンシステムをそのまま日本に持ち込むのは、今のところ難しいかもしれません。まず滞在型施設が基本になっており、そのために費用も非常に高額であり、一般の人にはなかなか手が届かない料金です。しかしそれでも予約でいっぱいのようです。問題はこのナルコノンという組織が、一つのカルトであるかのように扱われていることです。ネットで検索しても、非科学的な治療であるとか、カルト丸出しといったような否定的論調ばかりしか掲載されていないはずです。

かし私たちが焦点を合わせるべきところは、このような優秀な数字を上げている組織を、なぜカルトとして扱おうとする人がいるのかという真の意味を知るこ

とにあります。その理由はこの組織のように、薬物依存症から人を離脱するよう助け、これまでの精神医療、医薬品産業から飼い殺しにされてきた膨大な被害

者である患者を治してしまうような組織は、現在の精神医学と医薬品業界が意図していることに真っ向から対立するものであるからです。つまりこうしたナルコノンのような組織の存在は、精神医学と医薬品産業にとって邪魔でしかないのです。元をただせば、精神医学というものが人を治すために存在しているものではないことを示しています。

そして一方で今、日本で流行っているものに、ベンゾ系ベンゾジアゼピン系の向精神薬の離脱マニュアルとしてアシュトンマニュアルと

いうものがあります。すでに2013年2月で7万人以上がダウンロードしているようです。アシュトンはイギリスの向精神薬理学の元教授で、ベンゾジアゼピ

ン依存の問題に取り組んだ人です。日本ではこのマニュアルはほとんど知られていなかったのですが、ある人の邦訳をきっかけに知る人が急速に増えています。

しかし日本のほとんどの精神科医も身体医学の医師たちも、アシュトンマニュアルが何であるかさえほとんど知りません。

アシュトン教授はベンゾジアゼピン系についてヘロインやコカインよりもタチが悪いと表現したそうですが、それはベンゾ系に限ったことではなく、すべての向精神薬

ヘロインやコカインよりもタチが悪いと言えます。しかし不思議なのは、それをわかっていながらなぜベンゾ系の薬品をすべて廃止にし、向精神薬の全廃に向け

て、アシュトン教授は訴えないのかという疑問です。おそらく立場上、それができない何らかの理由があると考えるのが妥当でしょう。

次に、アシュトンマニュアルの方法としてもっとも有名な置換法があります。

ここに詳しくは述べませんが簡単に言うと、あるベンゾ系の薬をジアゼパムと入れ替えるというやり方です。しかし単純に考えても、それによってまた別の

薬に依存をもたらすだけであり、その方法で悪くなった人を私はたくさん見ています。また海外のネットでそうした事情を見ていると、置換することに反対

している当事者の意見も多いのです。

さらにこのマニュアルでは、栄養学については効果がないと言っていますが、これは彼女が何も知らないことの証拠と言えます。先に上げたナルコノンにしてもオーソモレキュラーに代表されるような代替的精神療法にしても、栄養学は必要なものでありそれによってしっかりと結果を残しています。こうしたことを考慮してもこのアシュトンマニュアルは、向精神薬を断薬するためのマニュアルとしてはとうてい評価するに値しません。

さらに言えばアシュトンマニュアルでは、ベンゾ系の薬の離脱方法の一つとして、抗うつ薬ムードスタビライザーの追加や維持を許容するとしています。

しかし断薬することが目的でありながらそれを許容するというのは、どんな言い訳や理屈があったとしても、その方法は薬から離脱するためのものにはなり得な

いのは明らかです。

つまりアシュトンマニュアルというのは、例えていえば、原発を全廃せずに人類に役立てて、うまい使い方を考えようと言っているに等しく、同じように、すべての向精神薬も全廃にせずうまい使い方を考えようと言っている本なのです。

ベンゾ系の薬はだめだけど、抗うつ薬はうまく使おう。

ベンゾ系薬を他のベンゾ系薬に変えてゆっくり減らそう。栄養学などは効果がないから、向精神薬理学者である私が出したこのマニュアルを参考にしなさい私にはそう言っているようにしか感じられません。

精神医学性善説というものを捨てるところから始めなければならないのに、残念ながらまだ多くの日本人は、精神医学性善説をなんとかして信じようと躍起

になっているように見えます。まさに精神医学という洗脳がここに極まったと言わざるを得ません。つまり、これまでイヤと言うほど精神医学に騙され欺かれてきたのに、またアッサリとその精神医学の亜流に欺かれようとしているわけです。

薬物というものについて、よく考えてみてほしいのですが、ベンゾ系の薬が覚醒剤まがいの薬であることは周知のことですが、しかし覚醒剤中毒を治療するとき

に、別の覚醒剤に置き換えて、しかも量を少なくしながら投与し続けて抜いていくでしょうか?これは精神科医が麻薬や覚醒剤を抜くときに、結局、向精神薬

に置き換えていくのと変わらないのです。別の例でいえば、コカイン中毒の人に大麻を与えて離脱症状を紛らわせようとしたり、ヘロインをモルヒネに変更して量を減らし、中毒から卒業させようとしているよ

うなものです。

薬物から離脱するとは、向精神薬をやめることです。

その危険性に気づいた瞬間から、どんな薬物も体に入れないことなのです。

理想としては一気にやめることですが、それを援助する条件を満たせる人も施設も、今のところ日本には存在しません。ですからある程度時間をかけて減薬してい

くという方法は私も許容します。しかし他の薬を置き換えたり、他のベンゾ系に切り替えたりすることがまともな断薬方法であるとは思えません。しかし真の医

学としては、時間をかけてダラダラ抜くようなやり方からは必ず卒業しなければならないと考えます。

華原朋美オフィシャルサイト

ベンゾジアゼピン離脱症候群

断薬したい方は見てね

アシュトンマニュアル日本語版のPDFへのリンクはこちら

ベンゾジアゼピン離脱症状に苦しんでいる本人、家族の方

まず、被害の実態、事実を知ってください。

そして、このマニュアルは正しく使いましょう!!

医薬品副作用被害救済制度

あなたも騙されていませんか

警告AWARNING警告!

いじめの芽は公園デビュにあり。

警告AWARNING警告!いじめの元凶は幼稚園の勢力争いにあり。

いじめの元凶は大人の差別意識にあり。